マカ通販 TOP > 会社あんない > ヤマノとマカの歩み > ヤマノとマカの歩み 2008年

ヤマノとマカの歩み 2008年


年数 事柄
2008年8月 マカの栽培地フニンに てYDP支店を開設
2008年11月 関西地区懇親会を開催

2008年08月

YDP フニン支店開設

マカの栽培地ペルーフニンにて支店を開設

 

【ヤマノ社長 山本九州男のフニンに対する想い】

ペルーのフニンを初めて訪問して8年の月日が経ちました。
その時にフニンのとある学校で先生たちや町の有力者の方々から、学校への支援を要望されました。将来、この地でお役にたてる自分になれたらなと思ったことを今でも思いだします。

そしてこの度、フニンにYDPの支店を開設することができました。
「郷に入れば郷に従え」ということわざがありますが、これを契機にフニンの人々に信頼される会社に成長していきたいと思っています。
それが最高品質のマカを栽培するための必要なことだと私は信じています。

私たちは「世界一の良質なマカ商品を目指して土地を耕し、種をまく」をモットーにヤマノグループ全員でお客様にお喜び頂ける商品作りに頑張ってまいります。今後ともヤマノをご愛顧頂ければ幸いです。

【YDP社長 山本為之 YDPの今後を語る】

Yamano Del Peru S.A.C.を設立して2年になりますが、マカについてもっと知りたい、もっと科学的な研究をしたい、そして世界で一番のマカを手にいれたいという思いが強くなりました。

その為には生産者の仲間になって一緒に歩むことが大事で外から見ているだけでは不可能だと考えるようになりました。

そこでまずはボンボン高原にあるフニン支店を設立し、二人の若者を採用しました。来年からは自社でマカ栽培もはじめる予定です。

また弊社とサン・マルコス国立大学の共同研究で「生マカと乾燥マカの効果の違い」、「マカ製品はたくさんありますが製品別の効果の違い」、そして「ボンボン高原は広く四国ほどの広さがありますが生産地別の効果の違い」を生物実験等の研究をしております。近く弊社の技術部長を勤めるアルテミオ・チャン博士とサン・マルコス大学の研究室と共同で研究発表を行います。

2008年11月

関西地区懇親会を開催

 

2008年11月16日、大阪市梅田にて関西地区懇親会を行いました。当日、雨が降っていたにも関わらず、大阪、京都、兵庫から12名のお客さまにお越し頂きました。中にはヤマノがインターネット通信販売を開始当初からのお客さまもいました。

意見交換の場ではお客さまから活発的なご質問やご意見が飛び交い、嬉しいお声や勉強になるお声を聞くことができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。

皆さまから頂いたご意見を参考に、現在さまざまな改善を行っています。