マカ通販 TOP > 品質のこだわり > カムカムへのこだわり

カムカムへのこだわり

カムカムって何?

カムカム

カムカムは、ペルーアマゾン原産のフトモモ科の植物です。学名は ”Myrciaria Dubia”と言います。ペルーアマゾンの川辺や湿地、湖の周りに多く自生しています。

このカムカムの実は、“世界中の植物の中で、もっとも多くビタミンCを含む”といわれています。1粒の大きさは10g~20g、色は濃い赤や紫色です。

ビタミンCの多い果物は?というと、レモンやアセロラを思い浮かべる方が多いと思います。カムカムに含まれているビタミンC量は、なんと!レモンの27倍、アセロラの1.5倍といわれています。他の果物と比べても、カムカムはビタミンCが豊富に含まれているのです。

カムカムグラフ

天然ビタミンCにこだわる

天然ビタミンC

ビタミンCには人工と天然の2種類がありますが、天然ビタミンCのほうが化学合成された人工ビタミンCよりも身体に馴染みやすく、吸収率が良いと言われています。

特に私たちが着目したのはビタミンCと一緒に摂取でき相乗的に働いてくれる成分でした。

その成分の中でも有名なのがフラボノイド。
フラボノイドとは植物に含まれる色素成分の総称。抗酸化作用で有名なポリフェノールの一種です。フラボノイドの中にはベリー果実に含まれており、目に良いと言われているアントシアニンがあります。また、フラボノイドはごく少量でもその力を発揮すると言われており、エイジングケアには欠かせない成分です。

こういった成分を一緒に摂取できる事からもカムカムの天然ビタミンCにこだわっているのです。
さらには、最もビタミンCを多く含んでいる時期に収穫された最高のカムカムを使用しています。


ペルーでも驚かれるカムカムフレッシュ

カムカムフレッシュ

パウダーに先立ち2009年にペルー国内で販売開始したカムカムフレッシュ(カムカムジュース)ですが、カムカム本来の色と味、豊富なビタミンCにペルー人達も驚いています。カムカムはデリケートな果物なので、アマゾン地域で無い首都リマにはあまり流通されていないので珍しいのです。

そして、ペルーのカリスマシェフで、スペインの新聞El PAISで「今年の100 人」(2008年)に選ばれた国内外で有名な ガストン・アクーリ氏からカムカムフレッシュの色・味が絶賛され、自身のレストランで使ってくれています。また、世界各国にあるスポージム「Gold Gym」でも取扱われています。徐々にではありますが、ペルー国内で販売を拡大しています。
(写真はカムカムフレッシュを使用しているレストラン)


高品質の商品開発を目指して

スーパーカムカム

ペルーの現地法人AMAZON RUBY S.A.Cではついに高含有の天然ビタミンCの安定化を実現しました。この製法は特許取得したヤマノオリジナルです。
ヤマノのカムカム-junsui-(純粋)は常にお客さまの美容と健康について考えています。


 カムカム-junsui-(純粋) 4,536円(税込)
 >>カムカム-junsui- (純粋)商品ページ

妊活メルマガ講座

ヤマノ天然素材研究所はこちら

ヤマノ天然素材研究所

ペルーの現地法人はこちらから

現地法人サイトはこちら

スタッフのブログ

しあわせsazuca写真館

販売元 ヤマノ

〒803-0843

北九州市小倉北区金鶏町13-24

(平日) 9:00~20:00
(土曜) 9:00~17:00

Free Dial

0120-530-198

Fax

0120-795-556

E-Mail

info@yamano-life.jp