HOME > 健康コラムトップ > サイレントキラーと呼ばれるのは?

健康コラム : 「サイレントキラーと呼ばれるのは?」


こんにちは。
ふれあい生活館ヤマノの矢野です。

今日から福岡のお隣の佐賀県では、
バルーンフェスタが開催されています。

世界選手権競技飛行が行われたり、
可愛い動物やキャラクターのバルーンも
間近でみることができます(*´ー`*) 

秋のお出掛けとして楽しみにしています♪

さて、実家に帰った時に父が血圧計で
計測している姿を見ました。

健康診断で高血圧を指摘されてから、大好きな干物を
控えたりと減塩志向に切り替え、趣味と運動不足も
兼ねてクロスバイクに乗り始めました。

いつまでも健康でいて欲しいと思い、
「高血圧」について調べましたのでお話しますね。

 

━━━━━━━━━

サイレントキラーと呼ばれる「高血圧」

━━━━━━━━━

日本人では30歳以上のうち男性は約50%、
女性は約40%が高血圧と言われています。

●血圧が高いとどうなるの?

血圧が高い状態が続くと、動脈硬化に繋がり、脳出血や
心筋梗塞等を引き起こします。自覚症状がほとんどないにも
関わらず、命にかかわる病気に繋がりやすいことから、
「サイレントキラー」とも呼ばれています。

●日本人の約9割は「本態性高血圧」

高血圧には病気が原因となる「二次性高血圧」と遺伝や
生活習慣等が原因となる「本態性高血圧」があります。

日本人に多い「本態性高血圧」は生活習慣を見直す事で
予防に繋がります。


━━━━━━━━━

実は高血圧かも?
40代以降の女性は要注意!

━━━━━━━━━

若い時から「低血圧」だったり、健康診断でも
正常だからと大丈夫だと安心していませんか?

実は更年期が近づく40代以降の女性は
「高血圧」が急増するため、要注意です。

更年期は女性ホルモンのエストロゲンの減少により、
ホルモンバランスが崩れ、イライラやめまい等の症状が表れます。

さらに、女性ホルモンのエストロゲンはコレステロールや
血圧等を管理しているため、減少すると自律神経に影響を及ぼし、
血圧のコントロールを乱す原因となります。

日頃から自分の血圧を把握して、更年期の高血圧対策に
備えることも大切ですね。


━━━━━━━━━

認知症のリスクにも

━━━━━━━━━

高血圧は認知症のリスクを高める原因の一つとして
言われています。

高血圧の人が正常の血圧の人に比べて、脳の血管障害によって
起こる脳血管性認知症になるリスクが3.4倍もあると調査結果で
明らかにされています。

若いころから血圧が高かったり、長く高血圧の状態が続く程、
確率が高くなる可能性があります。


━━━━━━━━━

生活習慣の改善に
取り入れたい栄養素

━━━━━━━━━

運動や質の良い睡眠、ストレス解消等の生活習慣を
改善することも高血圧の予防にも繋がります。

また、食事ではご存知の通り、塩分の摂りすぎは
血圧を上げる要因となるため、醤油や塩の代わりに
レモンや柚子を使用することで減塩に繋がります。

どうしても外食が多い方は塩分の多い麺類や丼もの等を
控えてみてはいかがでしょうか。

最後に高血圧の改善と予防のために取り入れたい
栄養素をご紹介します♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆カリウム

体内の余分なナトリウム(塩分)を排出します。
ほうれん草やじゃがいもの、バナナ等に含まれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆マグネシウム

カリウムの働きをサポート。
海藻や豆類等に含まれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆タンパク質

血管を丈夫にする、若々しさを保つためにも必要です。
お肉や青魚に含まれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆n-3系脂肪酸(オメガ3)

血液の流れを良くすることで高血圧をサポート。
青魚やチアシード、亜麻仁油に含まれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段から出来ることから、まずは始めてみましょうo(*^▽^*)o


 

冒頭でお話したバルーンフェスタの競技飛行は
朝6時45分頃から始まります。

そのため、前回は5時頃から出発しましたが、
到着までに時間が掛かり、間に合いませんでした(/_<)

今年は間に合うように早起きを頑張ります!

日中も肌寒くなり、体調を崩しやすい時期です。
風邪などを引かれないようにお気を付け下さいませ。


LINEで送る

妊活メルマガ講座

スタッフのブログ

しあわせsazuca写真館

販売元 ヤマノ

〒803-0843

北九州市小倉北区金鶏町13-24

(平日) 9:00~20:00
(土曜) 9:00~17:00

Free Dial

0120-530-198

Fax

0120-795-556

E-Mail

info@yamano-life.jp