HOME > 目的別で選ぶ > 更年期障害を根本から改善

更年期障害を根本から改善

更年期障害とは?

更年期障害は、女性の場合、閉経を迎える前後の期間である『更年期』を迎える時期に起こる身体的・精神的な不調のことをいいます。更年期障害は個人差があり、さほど支障なく乗り切る人もいれば、日常生活にも支障がきたすほど重い症状があらわれる人もいます。

この中に当てはまる症状はありませんか?

のぼせ、ほてりが気になる。イライラしやすくなった。頭痛や肩こりがする。眠りが浅い、または寝つきが悪い。めまいが以前より多くなった。疲れやすい。便秘、下痢気味である。体が冷える。

このような症状は、更年期障害で特に多く見られ、年齢を重ねるにつれて卵巣の能力が弱まり、女性ホルモン(エストロゲン)が減少してしまうことが原因になります。

女性ホルモンが減少すると自律神経や免疫系の機能が乱れて、「倦怠感」や「頭痛」といった身体的な体調不良から、「イライラ」「不安感」といった精神的な体調不良を引き起こしてしまうのです。

女性ホルモンの分泌量は30代の頃から減少していき、50代前後に更年期障害の症状があらわれはじめます。

さらに、更年期障害だけでなく、女性ホルモン(エストロゲン)が減少するとカルシウムの吸収率が悪くなり、こんな病気にもなりやすくなります。

骨粗鬆症、脂質異常症、動脈硬化、高血圧

こういった病気を予防するためにも、更年期障害とはしっかり向き合って根本から改善させていきましょう。

男性にも更年期障害

更年期障害は、女性特有のものと思われがちですが、最近は男性の更年期障害も増えています。

男性の更年期障害も女性と同様に、ホルモンバランスの崩れが最大の原因で、男性ホルモン(テストステロン)が減少することで起こります。

男性ホルモンの分泌が低下する原因は「加齢」と「ストレス」です。
年齢を重ねるにつれてホルモン分泌は低下していき、さらにストレスをためるタイプの男性が特に更年期障害になりやすいといわれています。

どんな治療をするの?

一般的な更年期障害の治療法では、ホルモン注射によるホルモン補充療法が一般的です。
ですが、ホルモン補充療法は抵抗があったり、一度してみたけど体に合わないという方も多いのではないでしょうか。また、ホルモン補充療法は高額で、さらに対処療法のため根本的な解決にはなりません。

なるべくならば、ホルモン投与を行わずに更年期障害のつらさを緩和していきたいと思いませんか??

マカで更年期障害を克服

マカに含まれる豊富な栄養分は、体の疲労を取り除いてくれる効果だけでなく、ホルモンバランスを整える手助けをすることでも有名です。
現地ペルーでは毎日の健康ではもちろん、ホルモン療法としても食されているほどです。

マカ自体にはホルモンは含まれていませんが、マカが含有する必須アミノ酸やミネラル等の有効成分が下垂体に働きかけ、体内で必要なホルモンを作る手助けをしてくれます。

自らの力でホルモン分泌ができる身体を取り戻し、更年期障害を根本から改善させませんか。

4人に1人が更年期でお悩みです。

妊活メルマガ講座

スタッフのブログ

しあわせsazuca写真館

販売元 ヤマノ

〒803-0843

北九州市小倉北区金鶏町13-24

(平日) 9:00~20:00
(土曜) 9:00~17:00

Free Dial

0120-530-198

Fax

0120-795-556

E-Mail

info@yamano-life.jp